生活の中で繰り返される緊張の持続が脳を疲労させ、健康問題だけではなく、こだわりや執着の心になり、感情にも変化をもたらし、怒りや悲しみが不必要に持続されるようになります。 世界保健機関の調査によれば、2万種を数える病気の9割にストレスが原因していると発表しています。ストレスと病気との間には何らかの関連があるということは明らかです。 この関係は日常生活におけるストレスの強さや量によって、どのような病気になるかを予想できるほど密接な関わりがあります。 ストレス社会と言われていますが、脳幹からのSOSを聞けるようにしたいですね。